<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

土曜日曜

週末、伊万里氏が遊びにくる。
滞在時間3時間でひとしきりおしゃべり。
そのまま今度は神奈川県に通夜に行くとのことで喪服に着替え、
また来週!と手を振ってグリーン車に飛び乗り帰って行った(ちなみに来週会う予定はない)。
あいかわらず忙しそうで、元気で、なんだか背が高くなっていた。
それは気のせいだといわれた。

その他したこと。

本・漫画
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」/吉田 篤弘
「臨死!江古田ちゃん3巻」

映画
「クラッシュ」監督:ポール・ハギス

全部いまいちでした。←われながらどうかと思うよ、この感想。

あ、でもクラッシュはなかなか、まあまあよかった。でももうちょっと毒がほしかったです。
人種差別をテーマに相当厳しい内容だったのですが、最後に希望が見えちゃって、
いや見えていいのだけど、その、なんていうか、都合がよすぎたかなあ。
もっと私のたましいにぴったりくる映画が見たいぜ。見せてほしいのだぜ。

それにしても最近、暑くて暑くて汗がダラダラでる。
あ~もうこんなに汗かくなら岩盤浴に行きたいよ~!ガオ~!!
[PR]
by folkmonica | 2008-05-27 10:07

夏かとおもった

やっと雲が切れて一安心。

今日は定期検診で朝から病院へ、
待ち時間が長いので、長谷川町子の「サザエさんうちあけ話・似たもの一家」を持っていく。
サザエはともかく、長谷川町子は大好きです。
バカバカしいマンガでつづられる生活にも、ひとつひとつ胸がしめつけられるような思いになります。
のん気でてきとうなキャラを描いているけど、何一ついいかげんじゃないというか・・・
なんでこんなに心を動かされるのか・・・なんでだろう・・・
なんでって聞かれても、よくわかんないけど!(逆ギレ)
ともかく私の中で漫画エッセイの最高峰。

病院のあと、実家に立ち寄るとお義父さんがつけうどんを作ってくれた。
熱いつけだれにはタマネギとシメジと白菜と鶏肉とネギが入っていて、とても美味しい。
もちろん食べすぎたので、そのまま午後は公園を散歩しました。

鳥がいっぱいいた。
f0166383_15431364.jpg

[PR]
by folkmonica | 2008-05-21 15:49

ゆるゆるとす

土曜日

EちゃんとFがやってくる。
2時間弱もゴトゴト電車に揺られ長旅だったろうに、
これといって何もせず、うちでお昼ごはんを食べておしゃべりしただけ。
なんて贅沢な私、楽しかった楽しかった!

Fは途中から「やっぱり床の生活って、イイよね!」といいながら床で寝てた。
そのあとは「タタミっていうのも、イイよね!」といって、タタミの部屋でも少し寝てた。
他にも「吹石一恵、グイグイきてるよね!」など、自由に言い散らかして帰った。
Eちゃんはお誕生日プレゼントに、以前から私が異常に欲しがっていた「ガミラシークレット」を
持ってきてくれました。ああ、ふたりとも本当に大好き!

※ ガミラシークレットとはガミラばあさんがシークレットな製法で作った石鹸です。
   ガミラ・・・いい名前・・・

日曜日

朝8時から町内会で公園のおそうじ、
長いクワを持って雑草の根っこをビシビシ断ち切っていく。
近所の人たちとおそうじなんて小学生以来かも。
慣れた風なおじいさんはマイ・クワを持参していてうらやましかった。いずれ私も持とうぞ(闘志)。

朝からがんばったせいか昼前にはもう眠くなり、ブッダを読みながら爆睡してしまう。
ECDのアルバムが遠くでかかっているのを、寝たり、起きたりしながら聞いて、気づくと午後。
ソバを茹でて食べ、またウトウトする。

これから忙しくなるから、いまのうちにたくさん寝ておくのです(言い訳)
[PR]
by folkmonica | 2008-05-19 09:09

咳をしても一人

近所においしそうなお店を発見したので、食べたら案の定おいしかった。
玄米をお揚げで包んだオニギリと、ソラマメのゆでたの。
午後は土地勘をやしなうべくてくてく散歩。とにかく散歩。

こうしているとき私は、すがすがしいほどひとりぼっちだ。

でもひとりぼっちには特典があって、
それは、きちんと、自分の心の声が聞こえるってことです。


あ~、痩せたい(心の声)
f0166383_1515414.jpg

[PR]
by folkmonica | 2008-05-15 15:16

おばあちゃんがきた

雨でウツウツします。ウツウツしてると、ちょっとばかしイライラもします。
さっきも宅配便のおじさんに「奥さん」と言われて、思わず鼻がフガッ!と鳴りました。
私はどうも奥さんと呼ばれるのが苦手で、いやもっとハッキリ言うと怖気が走るほど嫌なのです。それなのにエアコンの取り付けのお兄さんも水道管修理のおじちゃんも不動産屋のお姉さんもこぞって私を「奥さん」と呼ぶのだ。
嗚呼!なんという世界!!
(よろめきながら舞台中央へ、ひざを落として天を仰ぐポーズ)

派手に心情を吐露してみましたが、この心理は別に「私には私の名前があるのよ!」なんていう、女性の、人権の、なんだかかっこいいアイデンティティの話じゃありません。
なんかさー、「奥さん」って呼ばれると、みのもんたを思い出すからいやなの。
だってみのもんた嫌いなんだもん。

つまり、雨でイライラしてるってことよ。

きのう、いつもは入院しているおばあちゃんが一時外泊でだんなさんの実家にやってきました。おばあちゃんはとてもかわいらしい人で、病のためにまだ口がうまくまわらないのだけれど「いいねえ、いいねえ」と「だいじょうぶ、だいじょうぶ」を、くりかえし、何度も、ニコニコしながら私に言ってくれた。おばあちゃんに「いいねえ」って言われるとほんとに「いいでしょう!」って胸をはりたくなったし、「だいじょうぶ」って言われたらもうなにもかもだいじょうぶな無敵気分になった。おばあちゃんの80数年は平穏なんかではなくって、ズドーンとかなしいことやじわじわとした幸せがごちゃまぜになっていたのだと思う。それでも無駄に何かをひがんだりしないで生きてきたから、あんなおおらかな言葉を発することができるのでしょうか。

奥さんはいやだけど、これからずっと先に、おばあちゃんと呼ばれるのはすごくいい。
すごくいいな。

ほかにも「クソババァ」と呼ばれるのはやぶさかではないです。(毒蝮ファン)
[PR]
by folkmonica | 2008-05-14 15:21

買い物と修行

久々の新宿。

今回は買い物がメインだったので、小雨の中決まったコースをもちもちと歩く。
山本精一の「ゆん」と、ジュート製のごみ箱と、素焼きの植木鉢を買いました。
あとは母の日のプレゼントも。
少ない時間の中でもビジョンを明確にしておくと、きちんとキレイに買い物ができてよいです。

以前は、欲しいものがよくわからなくなってしまうことが多かった。
買い物をしようとウロウロしているうちに、心臓がバクバクしてデパートで体調不良になることもしばしば、
結局適当にひっつかんだよくわからないものを買って安心して家に帰るのです。
それはショッピングなんていうウキウキした響きとはほど遠い行為で、たぶんはためにもすごくおっかない顔してたと思う。
そんなことを何度となく繰りかえし、私はいったいなにがしたかったのでしょうか。


ミイ「あたいもう眠くなっちゃったわ。いつもポケットの中が一番よくねむれるの」
スナフキン「そうかい。たいせつなのは、じぶんのしたいことを、じぶんで知ってるってことだよ」

                                -ヤンソン作「ムーミン谷の夏まつり」より

そうか・・・ありがとうスナフキン・・・


f0166383_12442.jpg

[PR]
by folkmonica | 2008-05-12 12:07

新しい台所

ほんとに風邪が治ったのでカリンってすごいのかもしれない。

てなわけで、10年間暮らした大好きなアパートを後に電車で1時間半。
なにもない、静かで平べったい土地に新しい居を構えました。
自分で決めたのにもかかわらずいやだいやいや行きたくないここを離れたくない、
東京にいたい友達に会えなくなるなんてまっぴらだ!ギャオス!と、わめきちらし
引っ越してからも1週間ほど目が土偶になるくらい泣いていたのですが、
なんとも不思議なもんで、慣れた。

朝が早いのも夜が暗いのも、1日が静かであることはそれなりにいいもんです。

唯一どうしてもまだしんどいのは友達との距離のことだけど、
これはなんとかなると思うようにした。
会える会える会える、まだまだぜんぜん会える。
会いたいと思ったらだいたい会えるんだぜぃ。
どうして?それはね、友達だからー!(コール&レスポンス)

それにしても以前暮らしていたアパートが大好きすぎて「ここを引越したら人生が180度変わってしまう!」と、ざっくりした風水師みたいな考えでいたのですが、愛用のちゃぶ台を新居に持ち込んだ所、前とあんまり見た目が変わらないっていう状況です。

というわけで、明日は新宿伊勢丹で母と会う予定。
つうか
f0166383_1156065.jpg
東京行ってんじゃん!って話ですね。
[PR]
by folkmonica | 2008-05-09 11:57

投稿テスト

f0166383_159338.jpg


テステス、喉の風邪をひいた。
現代人のくせにこうせいぶっしつが怖い私は、診察代210円だけ払い脱兎のごとく病院から逃げ、
かりんのコンポートを食べてなんとか自然治癒をこころみる。
かりんの食感はザリザリでワッシワシ。
おいしくて、噛めば噛むほどぼんやりやる気がなくなる不思議な果物なのでした。

というわけで今日からひっそりブログ再開。
しょっぱなから病気なんて景気が悪いですね。
[PR]
by folkmonica | 2008-05-07 20:39