テレビ、ともだち

タイトルはE.Tっぽい感じで読むように。

今週の「相棒」は、さよなら薫ちゃんでした。
われらの薫ちゃんがとうとう卒業してしまいました。
自分の卒業式でも泣いたことないのに、薫ちゃんがいなくなると思ったら超泣けた!!
でももっと悲しい瞬間に涙はとっておきたいの~♪っていうのはあれか、
悲しい瞬間っていうのは今だったか!
暑苦しくて、正義感が強くて、体育会系で、人情派。
そんなイヤ~なタイプの薫ちゃん、薫ちゃんていうかむしろ寺脇なんだけど、
この7年の間にこんなに好きになっていたなんて・・・
お願いだからいつか戻ってきてね!!

そして最終回は「風のガーデン」。
もう、涙腺が3cmぐらい開いてるんじゃねえかってくらいボトボト大粒涙で泣いた。
「風のガーデン」って聞いただけで泣ける。いやむしろ「風の」って聞いただけで泣ける。
それがたとえナウシカでも又三郎でも・・・今の私なら泣けるぞ!
倉本聰はすごいな。
愛情や家族のあたたかさから、病気と嘘と裏切りのセックス、下の世話にいたるまで、
渾然一体となっているのが生きることだとちゃんとそれをドラマにするんだもん。
しかも、どうしようもないことが起こっちゃっても「うん、まあしょうがないわな」って目線で描く人物たちは超リアル。
なんなの?倉本はなんかを超えた人なの?

いやいやそれにしても感動した・・・ありがとう聰!
苗字も名前もあえて呼び捨てだけど!

あー来週からなにを楽しみに生きればいいのかしら。おしえてテレビガイド。
[PR]
by folkmonica | 2008-12-19 10:41
<< おめでとうゴジャイヤス ひとりごと >>